技あり!エコバッグ制作ガイド

ホーム > エコバッグについて > エコバッグの利用によりレジ袋削減が実現します

エコバッグの利用によりレジ袋削減が実現します

 エコバッグと言いますのは、エコロジーから誕生したバッグをいいます。
スーパーマーケットやコンビニなどでごく自然にもらうレジ袋に関しては、近年では人々の日々の生活に根付いています。
しかしながら、毎日のように非常に大きい量が消費されており、地球環境にも影響を及ぼすため、レジ袋の代わりのショッピング袋としてエコバッグは広範囲に普及するようになっています。
エコバッグに関しましては、過去の買い物袋イコール消耗品という印象とは180度変わって、マイバッグともいわれることから、日々のショッピングを楽しく快適にする、それから環境にダメージを与えないというイメージになっています。
手頃なサイズに畳めて持ち運びやすいなどの機能面が充実しているのみならず、現在ファッションブランドでも扱われるなど、スタイリッシュなデザイン性も取り入れています。

 エコバッグが行き渡ってきていますが、日本中では1年間にレジ袋がおおよそ300億枚活用されているといわれています。
このことを国民1人に対して当てはめると、おおむね1年で300枚活用しているという算出になります。
エコバッグを持って行かない場合、日常スーパーマーケットなどで軽い気持ちでもらっているレジ袋の使ったあとはそのままの状態で捨ててしまうと考えられますが、 大量廃棄によりまして環境に関する問題が含まれた多種多様な悪影響を及ぼしています。
利用し終わったレジ袋の大半が簡単に使い捨てされて不要物となっています。
口が結び易くいため、生ゴミを持っていく時にも活用されますが、 水切りをしないで捨てられる傾向が高く、悪臭、あるいは腐敗、さらに燃焼効率の低下の要因となっています。

 レジ袋などは、自然状況では分解されないことから、山並びに海などでは遺棄された袋がそのままの状態でゴミとなってとどまり、 野生動物が飲み下し窒息であるとか、消化出来ずに絶命するというトラブルも発生しています。
レジ袋につきましては、石油より作り上げられるポリエチレンといった合成樹脂を原材料に作られていて、 1枚を製作するためにおおよそ20mlの石油を用います。
それに加えて、レジ袋の製造や焼却の時には、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素が排出されます。
ですので、レジ袋を使用しなければ、その分だけ資源並びに二酸化炭素排出をセーブすることができます。
ここに来て、レジ袋節減のために、エコバッグを持参してショッピングをするトレンドがみられており、店によりましては、エコバッグの有効活用によるディスカウントの特典や、ポイントをストックして商品券と換えることが可能なサービスをしています。

次の記事へ